芸術・芸能鑑賞部会 2014年活動報告

芸術・芸能部会

 今年は寒さが厳しかったが、年末から陽春4月までのイベント紹介は数多く行なった。
師走12月28日に三越師走寄席は春風亭一朝一門の出演で流石に芸達者揃いで楽しめた。
 新年1月29日には「第577回三越落語会」は10名参加。2月10日には「KIKO/JOSEF DUO RECITAL」には横浜みらいHで4名。3月には21日に会員花田玲子さん出演の「ポピュラーミユージックコレクション」[日比谷公会堂]に6名。26日には「三越落語会」落語協会会長の小三治他に13名が参加した。4月には会員・岡村さんのライフワーク「岡村喬生・冬の旅」は会場も新たに津田Hで12日に4名が楽しんだ。14日には元会員の「池澤 彩 春の午後のコンサート」は久し振りのコンサートであり5名が内幸町Hでのシャンソンを鑑賞した。5月6月は歌舞伎と文楽の案内を予定している。新入会員は確実に増えている。(鈴木宏治/記)

総会を開催


 鑑賞部会も6年目を迎えた。酷暑の7・8月を過ごし,芸術の秋に活動再開。
 9月14日(土)に総会を澁谷で開催。会員17名の出席を得て、事業報告・会計報告と幹事1名の改選で、岸田正和さんを選出した。5期の鑑賞会活動では19回の案内で180名の参加となった。今期の9月27日に「三越落語会」に15名、10月4日に「大塚啓子リサイタル」に9名の参加を得た。
 11月13日には国立劇場で人間国宝の坂田藤十郎主演の歌舞伎[伊賀越道中双六]を10名で鑑賞。11月8日には人気の三越落語会に17名、更に花田さん出演の「シャンソンを貴女に」「るたんフェステイバル」などを案内。今先、三越師走寄席(12月28日)や1月29日[水]の三越落語会、2月10日の[KEIKO/JOSEFU リサイタル]を案内予定をしている。(鈴木宏治/記)

タイトルとURLをコピーしました